異物がつまった場合

トイレトイレのつまりの原因が、異物だった場合の対処法ですが、本来、流してはいけない物を流してしまったら、冷静に対処することが大切です。まず、異物に対しては、ラバーカップを使用することはやめておきましょう。排水管は、基本的に曲線になっていますので、異物を無理やりに取ろうとすると、逆につまりやすくなってしまうことがあります。また、排水管のつなぎ目に異物が引っかかりやすいこともありますので、ラバーカップの使用は控えるようにしてください。

バケツの水を流すことも、異物に対して行うことは、ラバーカップの時の同様の理由でしない方が賢明です。異物を流してしまった場合には、やはり水回りの修理業者に速やかに依頼することが、適切な対処と言えます。ラバーカップを無理に使用して、異物が配管内で引っかかり、そこに後に流されてきたトイレットペーパーや排泄物がつまる危険性は十分に考えられます。そうなってしまうと、便座を外さなければいけなくなったり、トラブルがより大きくなってしまうことがあります。まだ対処が簡単な間に、専門業者に解消してもらうことで、大事になることを防ぎ、費用も最小限で済みます。原因が異物である場合には、業者に依頼するようにしましょう。

トイレに流して良い物

トイレには、流して良いとされる物が限られています。普段、あまり意識していなかったという物でも、実際には流してはいけない物であることも多くあります。当たり前のように流している物が、トラブルの元になる可能性がありますので、注意するようにしましょう。

トイレットペーパー基本的には、トイレに流して良いものは、人の排泄物、トイレットペーパー、水、になります。ティッシュペーパーは流して良い物の中には含まれません。その理由としては、ティッシュペーパーが水に溶けない構造をしている為です。ティッシュペーパーは長く細い繊維で作られており、水の中でも溶けない性質で、つまりの原因になってしまいます。また、ペットの排泄物も、本来は流してはいけない物になります。その理由は、人の排泄物の質とは異なり、毛が混じっていたりして溶けにくい為です。流れることは流れますが、排水管に一度ひっかかると、そこから徐々に異物が絡まって、後につまりの原因となる恐れがあります。結果として、排水管の奥の方でつまってしまい、自己解決できずに業者を呼ぶことにもなりかねません。無駄な出費を防ぐ為にも、ペットの排泄物は、トイレではなく、一般ごみとして処理するようにしてください。

参照HP…異物がつまった場合

トイレのつまりの対処

トイレトイレのつまりは、いつ何時発生するか分かりません。徐々につまりが発生していることもあれば、突然つまることもあり、また、つまりの原因によっても対処法が異なりますので、便器の中が見えない分、素人には対処が限られてしまいます。もちろん、原因が明確に分かっている場合には、家庭にあるもので対応も可能です。トイレのつまりが発生した際には、まずその原因を特定することが大切です。

トイレのつまりで水が流れなくなった場合、まずラバーカップ(半球状のゴムに棒がついているもの)、別名すっぽんと呼ばれていますが、これで試される方がほとんどだと思います。ご家庭に1つはあるこの吸い出し道具は、トイレのつまり対処に有効な手段として知られており、比較的簡単に使用することができます。まずは先端を水の中に入れ、排水口にぴったりと密着し、隙間のないようにします。そして中の空気を押し出すように、徐々に押していって、これ以上押し込めないというところまで来たら、一気に引っ張ります。ラバーカップを使用する際に大事なことは、その仕組みを知っておくことです。ラバーカップは、半月状のゴム部分で、真空状態を作ることで、つまりの原因を引っ張りあげます。

ラバーカップで解消されれば良いですが、つまりの原因が固形物の場合は、あまり有効ではないことがあります。簡単には解消されないと判断した場合には、水回りの業者に依頼し、すぐに対処してもらうことをお勧めします。

参照HP…トイレのつまりの対処